事前に学べば失敗知らず

男の人と女の人

トレンドの変化を知ろう

プロポーズの時に交際相手に贈る婚約指輪。彼が指輪を差し出されながら結婚を申し込み、彼女が涙を流しながらうなずく。プロポーズの一場面としてよく使われるイメージですが、やはりグッときてしまうものではないでしょうか。婚約指輪と結婚指輪。結婚に際しよく耳にするこの2種類の指輪は、渡すタイミングや目的で名称が変わってきます。一般的には、プロポーズや結納までに渡すのが婚約指輪で、結婚式の際に2人で交換するのが結婚指輪とされています。2つの指輪には見た目にも違いがあり、婚約指輪はダイヤモンドなどの宝石で装飾されたきらびやかなものが多く、結婚指輪は日常使っても差し支えないようなシンプルなデザインのものが多いのが特徴です。最近では、婚約指輪の選び方や価格帯のトレンドに変化が見られるようになってきました。以前は、男性が婚約指輪を事前に購入し、いざプロポーズという時にサプライズ的に女性に渡すのが主流でした。しかし、好きな相手からの嬉しい贈り物でも、好みに合わなければ身につけないのがシビアな女心。好みと合わなかった場合には、記念品としてタンスで眠り続けることになってしまいます。結婚してからも婚約指輪をカジュアルに身につけられるように、最近では彼女と共にジュエリーショップに行って好きなデザインを選ぶのが主流になってきています。サプライズをする場合には、事前に彼女の指輪の好みをリサーチするといいでしょう。以前は給料の3か月分と言われていた婚約指輪の価格相場。最近の平均相場は20〜40万円と言われています。この価格帯でもオーダーメイドで素敵な指輪が手に入るようになったのが理由のひとつと考えられます。婚約指輪のトレンドを学んで心を込めて贈れば、きっと彼女に喜ばれるプロポーズになることでしょう。